読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

airitasaki

絵、観た映画、読んだ本

「考える/分類する」

f:id:bigbang00:20170427092010j:plain

自分用のメモをアーカイブ化させることを目標に。

 

・「考える/分類する」ジョルジュ・ペレック 著, 阪上脩  訳(2000,法政大学出版)

 →著者 (1936-1982)

 「物の時代」,「小さなバイク」,「さまざまな空間」,「眠る男」など

 

 

●−1

東京の何もかもの密度の高さを改めて思ったのは、2年ほど前に札幌へ移り住んでからです。

実家のある東京へは割としょっちゅう帰ってたのですが、

空港に着いてすぐの人混みのにおいとか、電車から見える都心までの、建物がだんだんぎゅうぎゅうになっていく景色とか、実家の方へ行くとまた少しのどかな風景になっていって、一軒家はだいたい植木鉢・洗濯物・ブロック塀・自転車数台・瓦屋根などがあって、そういう一つ一つの要素が目には見えない個人〜家族〜地域の姿を「家の外観」を媒介して、その視覚情報の量と質が風景を作っているところがあって、

「のどかな風景」って別に人の数がそれほど多いわけじゃなくて、でも人の気配が無ければのどかとは言えない−「のどかだ〜」と言う本人は人間だからかな。

と、保坂和志 風に頭のなかでぐるぐる考えたりしてました。

 

現在住んでいる場所に少しでも慣れてしまうと、自分が住んでいた時当たり前だと思って見過ごしていた風景の一つ一つが、なんでも面白く見えてきます。

そんなあたりから、東京の情報密度ぎゅうぎゅうがつくる、凄まじい勢いで流れる「物欲」とか「消費」について、ほんの少し過敏に反応し、マグネット虫みたいに吸いついてました。

 

●−2

また、その自分の磁石とは別で、ピーター・フィッシュリ&ダヴィッド・ヴァイスの写真集"Airports"、数年前に見た粘土の作品群"Suddenly this Overview"などが気になっていて、たまたまインタビュー記事を読んだ時に、物の消費について書かれてました。ジョルジュ・ペレックの小説「物の時代」。

http://www.art-it.asia/u/admin_ed_feature/vwpZOPsDiqGHnVF9BJfa/?lang=ja

(...) そこで、私たちはこのたくさんの広告ページを使って誰かの生涯をまるごと表すことができるのではないかと考えました。花嫁と結婚式から始まって、ホテルでのハネムーン、妊娠、赤ちゃん、その赤ちゃんが成長してポップミュージックやスニーカーを買うティーネージャーになって、という設定で。人の生涯はその人が消費する物だけを通して表すことができます。初めて消費したのは哺乳瓶に入っているミルクだったり、ということです。

 

●−3

またその別で、マインドマップブレインストーミングの違いが最初よくわからなかったので、思考整理術系の本を何となく眺めていたところ、フィシュリ&ヴァイスが言っていたペレックという人も、この関連で何か書いてるなと思って手に取りました。

 

● 

f:id:bigbang00:20170426181858j:plain

難しい本かと思ってかっこつけてたら、エッセイのような、一生懸命読んでもしょうがないというか、他人の机の上の(言葉あそびの)メモ・他人のマインドマップを覗いてしまったような感じで、やさしくて読みやすかったです。

 

(見出しとメモ)

・"本を整理する技術と方法についての短い覚え書き"

・"読むこと"
  -  「身体」の項「読むこと」について著者が「目/声/手/姿勢」に分類してそれぞれちょっとずつ文章。「周囲」の項では本を読む場所について「食事/入浴/生理的欲求/眠り」。生理的欲求のところはトイレで本を読むことについて。「腹が軽くなることとテクストのあいだには、深い関係が樹立される。(...)」詳しすぎるくらい言葉にしていたので少しニヤニヤしてしまった。

・"眼鏡に関する考察"
  - 眼鏡をかけたことがない人が眼鏡を語ること
  - 眼鏡をかけた肖像画

・"初心者用料理カード 八十一枚"
  - なぜか「舌平目の〇〇」と「兎肉の〇〇」で埋め尽くされている。。

 

 

 

●−関連

・「考現学入門」今 和次郎

 /下宿住み学生持物調べ(2)p219

(...) 生まれるから死ぬまで一代の間の所有品の表をつくって考えてみたならば、欲しかったものの羅列が何を語るでしょうか?それらのすべてが俺に価値があった…と思わなければならないものではないでしょうか。それでは、過去に価値があったものでも不用になったらば、速やかに捨てされよ、速やかに!でしょうか。問題は残しておくこととして、とにかく掲げた図表にこれだけの言葉をささげておきます。 (...)

 

何かを「消費する」時代が始まった頃から、もしくは博物館学的な「ものの蒐集」が始まった頃から
一生の間の所有品を皆並べたら何が見えてくるんだろう、と思う人が
時代をかえても場所を換えても居るのがおもろいです。

 

おわり