airitasaki

絵、観た映画、読んだ本

見たいものしかみようとしないし、見てないふりも出来る。
 
 

見たいものを妨げる何かー無意識に視界にお邪魔しているものー
どこからどこまでが自分の視界を妨げているのか。
 
自分が見ようとする対象の手前にある柵や、通り過ぎる自動車。
眼に見えなくても、空気、眼のレンズ、
誰かによってつくられたそれまでの歴史や物語までもが視界を妨げている。
本当にみたいものは一体なんだったっけ?
  
そういう時、「対象」がそもそもとてもあやふやなものであると気付く。
見ようとするもの以外にある、無意識に視界にいるものらが「対象」をつくっているのだとすれば、
私達は一度それらに目を向けてみる必要があると思う。